サイトコンテンツへのリンクメニュー

  • 災害用トイレガイドとは
  • 災害時のトイレ事情
  • 災害用トイレの選び方Q&A
  • 災害用トイレの特徴
  • 自治体のトイレ対策例
  • 掲載企業・関連団体一覧

2019年12月5日木曜日

【共有】避難所トイレチェックリスト

「避難者全体に関するもの」「要配慮者全体に関係するもの」「女性や子どもに特化した内容」のいずれかが分かるように整理してあります。発災時は段階的に取り組むことができるようにしました。
ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。


避難所トイレチェックリスト〈平常時〉


避難所トイレチェックリスト〈発災時〉



災害用トイレガイド(webサイト)について
適切な災害用トイレを選ぶための考え方について解説し、分類ごとに製品情報を掲載しています。

2019年12月4日水曜日

携帯トイレの使い方を動画とポスターで紹介!

大きな地震が起きたときは、真っ先に自宅のトイレに携帯トイレをとりつけてください。
携帯トイレというのは袋式のトイレで、水が流れなくなった便器にとりつけて、その中に排泄をします。

災害は突然起こるので、事前に備えておくことが大切です。

携帯トイレの使い方を紹介する動画〝災害時、水洗トイレは使えない〟と、ポスター〝災害時!トイレのワン・ツー・スリー〟を制作しました。日本トイレ研究所のホームページで公開しておりますので、ぜひご覧いただき、ご活用いただけますと幸いです。

災害時、水洗トイレは使えない


2019年12月3日火曜日

【調査報告】大地震におけるトイレの備えに関する調査

特定非営利活動法人日本トイレ研究所は2018年、大地震におけるトイレの備えの実態を把握するため、東京都および大阪府に在住の男女(2079歳)を対象にインターネット調査を実施しました。

主な調査項目
・避難生活場所
・水洗トイレ使用について
・自宅の水洗トイレが使えなくなった時にどうするか
・水洗トイレ利用のリスクについて
・病気リスク認知
・自宅に備えている防災グッズ
・災害用トイレ備蓄のきっかけとなった情報
・災害時のトイレに関する情報について
・災害用トイレの認知
・防災について身近な人と話し合っているか

その他詳細は以下リンクよりご覧ください(PDF
https://www.toilet.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/04/survey180417.pdf

2019年12月2日月曜日

災害対策トイレ情報ガイド2019 公開!

日本トイレ研究所は「災害対策トイレ情報ガイド2019」を発行しました。 
 本書は、地方公共団体の方々がトイレ対策を実施する際に必要な「国における防災トイレ政策」「地方公共団体によるトイレ政策」「災害用トイレの特徴と留意点」「被災地調査のレポート」などを集約したものです。  

災害時のトイレ対策は一人ひとりの健康問題、集団での衛生問題など、多面的な配慮が必要です。トイレ対策を実践的なものにするためには、防災、下水道、廃棄物、保健、教育など、 複数の部署が横断的に連携することが求められます。
災害時のトイレ対策は命と尊厳を守るための対策であると認識したいものです。  本書が災害時のトイレ対策を推進する一助となることを願っています。

〈災害対策トイレ情報ガイド2019PDFデータ〉[16.8MB]
PCの方はこちら
スマートフォンの方はこちら


目 次

災害時におけるトイレ対策の基本的考え方


国における防災トイレ政策 

[内閣府( 防災担当)]避難所におけるトイレの確保・管理について
[文部科学省]学校施設の防災対策としてのトイレ整備
[厚生労働省]避難所等におけるトイレの衛生対策について
[経済産業省]災害時のトイレ関連物資の調達・供給について
[国土交通省]災害時のトイレ機能確保のための下水道対応とマンホールトイレ
 [環境省]災害時における災害廃棄物及びし尿の適正処理について
[消防庁]緊急物資等の備蓄・調達に係る基本的な考え


地方公共団体における防災トイレ対策例

徳島県のトイレ対策事業について( 徳島県 )
東松島市におけるマンホールトイレの日常利用について( 宮城県 東松島市 )
し尿処理対策+トイレ対策の視点( 神奈川県 平塚市 )
被災者へ清潔なトイレ環境を提供するために( 静岡県 富士市 )
「災害時こまらんトイレ!」のPR活動( 兵庫県 神戸市 )
高知市における災害時のトイレ対策( 高知県 高知市 )
マンホールトイレ整備への取り組み( 熊本県 熊本市 )
横浜市におけるマンホールトイレの取り組み( 神奈川県 横浜市 )

被災地調査レポート

北海道胆振東部地震におけるトイレ調査報告
平成30 年7月豪雨 断水しているのに水が出るのは、なぜ?


災害時のトイレに関するアンケート結果   

災害用トイレの“ 備えに関する考え方や施策” についてのアンケート2017
平成28 年熊本地震「避難生活におけるトイレに関するアンケート」
大地震におけるトイレの備えに関する調査結果


災害用トイレ情報   

災害用トイレの特徴と留意点
災害用トイレ設備・製品情報
携帯トイレ/簡易トイレ/仮設トイレ/マンホールトイレ/自己処理型トイレ/ 車載トイレ/
災害対応型便器/衛生関連製品

災害用トイレ普及・推進プロジェクトについて

(参考)災害用トイレに関するガイドライン一覧

2018年5月25日金曜日

【共有】避難所トイレチェックリスト

2018年5月26日(土)~27日(日)、「災害時トイレ衛生管理講習会(基礎編)」を開催します。
基礎編の今回は、水洗トイレが使えなくなった時の健康と衛生対策を学びます。

講習会を開催するにあたり、過去に公開した参考資料を今一度ご紹介させていただきますので、是非ご覧ください。


■避難所トイレチェックリスト
2017年3月に避難所トイレチェックリスト <平常時>と<発災時>のそれぞれで作成しました。
チェックリストの項目は「避難者全体に関するもの」「要配慮者全体に関係するもの」「女性や子どもに特化した内容」のいずれかが分かるように整理してあります。また、<発災時>は、発災後に段階的に取り組むことができるようにしました。
ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。




▼出典 【共有】災害時のトイレチェックリスト≪熊本地震・第1報≫
→ https://toilet-guide.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

▼災害用トイレガイドについて
災害用トイレガイドは、災害用トイレ・衛生製品の普及とトイレ対策を推進することを目的としています。
ここでは、適切な災害用トイレを選ぶための考え方についてわかりやすく解説し、分類ごとに製品情報を掲載しています。
地方公共団体や企業、病院、学校、自治会などで防災に携わる方々は、本ガイドを参考にしていただき、インフラ状況や利用者層に応じたトイレ対策を推進していただきたいと考えています。災害用トイレに関する調査結果やイベントについても随時情報発信していきます。





2018年4月17日火曜日

災害時のトイレ対策~被災者の経験に学ぶ~(7)


日本トイレ研究所は、過去の経験を備えに活かすため、201836日から417日まで、
毎週火曜日に、災害時のトイレ対策に関する投稿を行ってきました。
最後の投稿となる今回は、災害時にも安心して利用できるトイレ環境をつくるための講習会のご案内です。

災害時トイレ衛生管理講習会(基礎編) 2018526日(土)・27日(日)
2012年から開催している本講習会は、災害時トイレ衛生対策を推進し、安心して使用できるトイレ環境をつくる人材の育成を目的としています。排泄・衛生、トイレ空間・設備、し尿処理の各分野の基本的内容および、避難所や医療・介護施設、事業所等でのトイレ衛生対策の実践的なノウハウを習得していただきます。
本講習会には基礎編と計画編があり、両講習会を受講した上で「防災トイレ計画(D-TOP)」を提出していただいた方を、審査の後に「防災トイレアドバイザー」として認定しています。
これまでに基礎編・計画編をあわせて約500名の方に受講していただきました。
皆さんのご受講をお待ちしております。

→詳細プログラム・お申し込みはこちら(日本トイレ研究所ホームページ)
https://www.toilet.or.jp/studies-forums/saigai-kanri


※過去の様子


2018年4月13日金曜日

【調査報告】大地震におけるトイレの備えに関する調査

特定非営利活動法人日本トイレ研究所は、大地震におけるトイレの備えの実態を把握するため、東京都および大阪府に在住の男女(20~79歳)を対象にインターネット調査を実施しました。
調査の結果、地震の際に避難する場所として、全体の67%が自宅での避難を望んでいることがわかりました。

その他詳細は以下リンクよりご覧ください(PDF)
https://www.toilet.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/04/survey180417.pdf